抜け毛・薄毛ケア

女性が薄毛に悩んでいるなら白髪染めをヘナに置き換えることがベスト

女性が薄毛に悩んでいるなら白髪染めをヘナに置き換えることがベスト
お客様
お客様
  • 白髪染めをすると薄毛になりますか?
  • 白髪染めを始めたタイミングで髪のボリュームが減った気がします。
  • それでも白髪染めはやめられません!

結論から言えば白髪染めが原因で薄毛を引き起こします。

女性の薄毛の原因の中で大きな割合を占めているのが白髪染めだと考えています。

薄毛を改善するためには白髪染めをやめることがとても有効ですが、多くの女性の場合は白髪染めをやめない選択をされるでしょう。

なんとか白髪だけは染めたいという意見がほとんどです。

そこで薄毛のリスクがなく頭皮に負担をかけずに染めることができるヘナをおすすめしております。

 

女性の薄毛に悩んでいるなら白髪染めをヘナに置き換える

白髪染めを長い期間続けていくと頭皮の機能がは低下していきます。

頭皮の機能が低下すれば次のようなトラブルを引き起こします。

  • 抜け毛の増加
  • 薄毛のトラブル
  • 白髪の増加
  • 頭皮の炎症

多くの方はこのような症状を『老化現象』だと考えていますが、私は老化現象と共に白髪染めの影響も大きく響いていると考えております。

ヘアカラーをしている人、していない人

実際に同じ年齢の方で比較したときにヘアカラーを使用していない方、もしくは白髪染めの頻度が極端に少ない方は髪のボリュームや髪質が全く異なります。

もちろん薄毛をはじめとするトラブルの原因は老化など様々な物があるので一概に全ての方にこの考え方が当てはまるわけではありません。

それを加味しても圧倒的な違いを感じることができます。

髪を染めている方は1度自分の髪質や頭皮の状態を観察してみてください。

もし最近何らかの変化を実感しているようであれば今のうちに負担を減らしていくことを考えましょう。

薄毛改善には白髪染めを止めることが重要だけど・・・

これらのことから考えて薄毛を改善するためにはまずは白髪染めをやめることが重要だと言えます。

ただし、ほとんどの方は白髪を染めない選択ができません。長く染め続けてきた方ほど白髪が目立つことには敏感になります。

そこでTorarでは負担のかからない『ヘナ』で白髪を染めることをおすすめします。

ヘナで染めていれば先ほど解説した白髪染めによるトラブルを避けながら白髪を染めることができます。

美容師
美容師

ヘナ以外にも負担をかけずに染める選択はできるので後ほど解説をします。

白髪染めを続けると何で薄毛になるの?

白髪染めを1度行ったところで、ごく僅かなダメージを重ねるだけで、さほど影響がある訳ではありません。

それでも白髪染めに含まれる様々な化学成分は肌の機能を低下させていきます。

白髪染めを続けることで、また年齢を重ねることで白髪が増える度に染める頻度は高くなるでしょう。

また寿命が伸びていると言われている近年では一昔前に比べて生涯の髪を染める回数は飛躍的に高くなると予想されます。

美容師
美容師
今のペースで染めていて10年、20年と健康な髪を維持することは出来るでしょうか?

もし50代、60代になっていよいよ薄毛が気になってから取り組んでも改善することは難しく時間もかかります。

白髪染めは11回の積み重ねが重要です。

将来、薄毛などのトラブラルに悩まないためにも今から対策をとって予防することが大切です。

頭皮に優しい白髪染めは?染め方は?美容師歴10年の私が徹底解説
頭皮に優しい白髪染めは?染め方は?美容師歴10年の私が徹底解説 このようなお悩みを解消できる記事をご用意いたしました。 結論から言えば頭皮に負担をかけない白髪染めは『ヘナ』がベストです。...

ヘナで白髪染めは何で薄毛の予防になるの?

では、なぜヘナで白髪を染めることをおすすめするのでしょうか?

答えは単純でヘナは頭皮にも髪にも負担をかけることがなく染めることができる白髪染めだからです。

アルカリカラーと比較してヘナは科学的な成分を使用しておらず植物のみで髪を染めることができます。

それにより頭皮だけでなく髪への負担を抑えることができます。

ヘナのデメリット

ただし科学的な成分を使用していないことがデメリットでもあります。

ヘナのデメリットは以下の通りです。

  • 時間がかかる
  • 色が限定されている
  • 葉っぱの匂いがする

例えば通常のカラーと比較して染める時間は+1時間ほど、ピンクや緑などの色は選べずにブラウンのみ。

匂いは葉っぱ。(アルカリカラーのようなツンとする匂いはありません。)

これらの点はアルカリカラーには劣ります。

それでもヘナで染めているお客様は色の仕上がりはとても良いという評価をしております。

ヘナは我慢しなければいけないことがあることも確かです。

それでも頭皮の健康を守ることができるということを考えればもたらしてくれるメリットはとても高いものだと考えております。

ヘナでの白髪染めのメリット・デメリットを美容師歴10年の私が解説
ヘナでの白髪染めのメリット・デメリットを美容師歴10年の私が解説アルカリカラーによるアレルギーがメディアに取り上げられるようになりジアミンが配合されている白髪染めを避ける方も増えてきました。 ま...

ヘナ以外の頭皮に負担が少ない白髪染めは?

ヘナを除けば次の2つは頭皮への負担が少なく白髪を染めることができます。

  • ヘアマニキュア
  • カラートリートメント

ただしアルカリカラーやヘナは髪の中に色を入れるのに対し、これらは髪の表面に色をつける事で白髪を染めます。

わかりやすく言えば色持ちが極端に悪くなってしまいます。

総合的に考えてTorarではヘナがベストな選択だと提案をしております。

白髪染めを顔に塗れますか?

ハナヘナ『アワル』を使用しています。

普通に考えて白髪染めを顔に塗る人はまずいないと思います。

それは何故でしょうか?

直感で肌が痛むと認識をしているからではないでしょうか?

ヘナは体に負担がかかりません。その為顔に塗ることもできます。

フェイスパックとして使用することで顔の油分を取り除き、毛穴を引き締めてくれる効果があります。

アルカリカラーでの白髪染めとヘナの安全性はこの事からも読み取ることができるのではないでしょうか。

女性が薄毛に悩んでいるなら白髪染めをヘナに置き換えることがベストな理由 まとめ

要点のまとめ
  • 白髪染めは頭皮の機能を低下させ薄毛をはじめとして様々なトラブルを引き起こす
  • ヘナは科学的な成分を使用していないので頭皮にも髪にも優しく、白髪を染めながらに薄毛ケアができる
  • ヘナは顔に塗ることもでき安全性が証明されている

日本人女性の平均寿命は87歳と言われております。

この先、月日が経つごとに伸びることは目に見えているでしょう。

仮に100歳まで生きるとしたら何歳まで白髪を染めるのでしょうか?

今のペースのままで90歳まで白髪を染めることはできますか?その場合、髪の毛は元気な状態を維持できていますか?

もしこの質問に不安を感じられたらヘナへの移行も考えてみてください。薄毛ケアは早く始めれば始めるほどに効果は実感しやすくなります。