ヘナ

ヘナは頭皮にダメージを与えずに白髪染めができる唯一のカラー剤

ヘナは頭皮にダメージを与えずに白髪染めができる唯一のカラー剤
お客様
お客様
  • 白髪染めの影響なのか髪質が変わってしまった
  • 白髪は染めたいけど長く続けることに不安を覚える
  • 頭皮に負担のかからない白髪染めを知りたい

このようなお悩みを解決できる記事をご用意しました。

白髪染めの約9割はアルカリカラーで行われていると言われております。

しかしアルカリカラーを長く続けていると頭皮はダメージを受けてしまいます。

頭皮に負担をかけずに長く付き合うことができるのが『ヘナ』です・

この記事では白髪染めと頭皮へのダメージについて解説をしていきます。

『ヘナ?アルカリカラー?』白髪染めが頭皮に与えるダメージとは

まず結論から言えばアルカリカラーは頭皮にとって大きな負担となります。

アルカリカラーの中で髪や頭皮に与える成分は以下の通りです。

  1. ジアミン(アレルギーの成分)
  2. 過酸化水素水(頭皮を老化させる)
  3. アルカリ剤(髪へのダメージ)

この中で頭皮へのダメージを引き起こすのは『過酸化水素水』です。

今回はこの成分にフォーカスを当てて解説をしていきます。

過酸化水素水は肌を老化させる

過酸化水素水には『酸化』させることで白髪の染まりをサポートする役割を持ちます。

この酸化というのは頭皮の老化を招いてしまいます。

美容師
美容師
最近よく聞くアンチエイジングは抗酸化という意味を持ちます。つまり酸化を抑えることで肌を若返らせようという発想です。

アルカリカラーを行うことで頭皮は酸化し老化が進んでしまうと言われております。

頭皮が酸化すると抜け毛や白髪の増加、肌の機能低下を招きます。

長期的に白髪を染めていくためにも過酸化水素水を使用していないヘアカラーを選択していく必要があります。

頭皮に優しい白髪染めは?染め方は?美容師歴10年の私が徹底解説
頭皮に優しい白髪染めは?染め方は?美容師歴10年の私が徹底解説 このようなお悩みを解消できる記事をご用意いたしました。 結論から言えば頭皮に負担をかけない白髪染めは『ヘナ』がベストです。...

ヘナは頭皮にダメージを与えずに白髪染めができる

過酸化水素水を使用せずに白髪を染める方法の1つが『ヘナ』です。

頭皮を酸化させることなく白髪を染めることから長く続けていても頭皮への負担はありません。

1ヶ月に1度のペースで白髪を染めていた方を想定すると年間で12回受けるはずだった頭皮の酸化の機会を0にすることができます。

10年、20年後の頭皮のことを考えると違いは一目瞭然です。

髪と頭皮が健康な今から始めることが重要

多くの方は白髪が増えてから、抜け毛が増えてから改善することを考えますがそれでは手遅れです。

1度老化した頭皮の機能を完全にもとどおりにすることはできません。

それよりもずっと簡単なのが健康な状態を維持することです。

もし現在の髪や頭皮の状態が健康なのであれば今切り替えることで10年後の健康な頭皮を維持することができます。

ヘナは頭皮にダメージを与えずに白髪染めができる唯一のカラー剤 まとめ

要点のまとめ
  • アルカリカラーを使い続けると頭皮を老化させてしまう
  • 頭皮が老化すると抜け毛、白髪の増加や頭皮機能の低下を招く
  • 頭皮を老化させないヘナをはない時期から使うことで10年後の頭皮を守る

人それぞれ様々な考え方はあると思います。

今を重要と捉えるか10年後を重要と捉えるかで白髪染めへのアプローチは変わってきます。

1つだけ伝えたいことは年齢を重ねて頭皮や髪のことで悩まれている方は『若い時に無理をしなければ・・・』と口を揃えて言われています。

後悔のないように自分にとってベストな選択をされてください。