ヘナ

ヘナで染めると頭皮がかゆい?考えられる原因と解消方法を解説します

ヘナで染めると頭皮がかゆい?考えられる原因と解消方法を解説
お客様
お客様

ヘナで染めると頭皮がかゆくなります。

何か原因があるのでしょうか?

ヘナを続けていく中で一定数かゆみを感じる方がいらっしゃいます。

実は私もかゆみを感じた経験があります。

安心・安全な白髪染めとして知られるヘナで髪を染めているのにどうしてこのような現象が起こるのでしょうか?

考えられる原因を解説していきます。

 

なぜヘナで染めると頭皮がかゆくなるのか?

ヘナで染めた際に頭皮がかゆくなる原因は次の3つのパターンが考えられます。

  1. 毛流れに逆らった状態でヘナを塗布した
  2. 極端に長時間時間を置いてしまった
  3. ヘナを塗る際にハケをこすりつけるように塗ってしまった

それぞれの詳しい状況と解消方法を解説していきます。

毛流れに逆らった状態でヘナを塗布した

ヘナでかゆくなる原因を説明する画像

髪の毛にはストレスなく自然に向いている方向があります。これを毛流れと言います。

例えば右に向いている状態が定位置の髪の毛を無理に左側に向けた状態で時間を置いてしまうとその部分に負荷がかかりかゆみを感じてしまいます。

ヘナを塗るときはなるべく毛流れに逆らわないように塗っていくことがポイントです。

極端に長時間時間を置いてしまった

ヘナの効果を最大限に得るために3時間〜10数時間待ち時間を作る方もいらっしゃいます。

これは間違いではありませんが、長すぎる起き時間はかえって頭皮へのストレスを与える原因にもなりかねません。

1日中ポニーテールで髪を結んでいると頭がかゆくなる現象がヘナを長時間置くことで発生しています。

個人的にはトリートメント効果などを加味しても最大で1時間以内が適正な放置時間だと考えています。

染めることだけを考えると30分ほどでも十分な効果を発揮してくれます。

ヘナを塗る際にハケをこすりつけるように塗ってしまった

敏感肌の方はヘナを塗る際のハケ使いにも気を配らなければいけません。

ヘナを頭皮にこすりつけるように塗ってしまうと頭皮は刺激を感じてかゆみに繋がってしまいます。

なるべく頭皮に置いてくる感覚で塗ることを心がけましょう。

美容師
美容師
お店では敏感肌の方向けに超ごく細な刺激を感じにくい特殊なハケも用意しております。

ヘナのアレルギーで頭皮がかゆくなるケースもある

ヘナと併用して使用するインディゴ(ナンバンアイ葉)には極稀にアレルギーを発症する可能性もあります。

アレルギーの症状が出た状態で染めるとかゆみなどの症状を引き起こすこともあります。

残念ながら1度アレルギーの症状が現れてしまうとインディゴを含むヘナは全て使用ができなくなります。

その場合はヘナ単体を使用するかその他のヘアカラーを使用する必要があります。

美容師
美容師
アレルギーリスクを抑えて長くヘナと付き合っていくためにも無理な長時間放置はオススメしていません。

インディゴのアレルギーの有無はパッチテストを行うことで確認することができます。

ヘナ・インディゴのパッチテストのやり方を美容師がわかりやすく解説
ヘナ・インディゴのパッチテストのやり方を美容師がわかりやすく解説 このようなお悩みをお持ちの方はヘナで染める前にパッチテストを行う事をおすすめします。 パッチテストとは腕の内側や背中など皮...

ヘナで染めると頭皮がかゆい?考えられる原因と解消方法を解説 まとめ

頭皮のかゆみを改善するために
  • ヘナの塗り方を見直してみる
  • ヘナの起き時間を長く設定しすぎない
  • インディゴのアレルギーが起らないように注意する

髪にも体にも負担の少ない安全なヘアカラーを行うことができるヘナですが、誤った使い方をすれば意図しない反応を引き起こすことも十分に考えられます。

せっかく良いものを使用するのであれば良い効果を引き出すために正しい使い方を行うことをオススメいたします。

ヘナで頭皮がかゆくてお悩みの方はぜひ染め方を見直してみてください。