ヘナ

『ヘナは体に悪い』という意見に対して私も『確かにその通り』と思う

お客様
お客様
『ヘナは体に悪い』と聞きました。

実際にはどのように思いますか?

美容師
美容師
確かにその通りだと思います。

ヘナは安全性の高いヘアカラーではありますが体から見れば異物です。

人によってはヘナでかぶれたり拒否反応を持つ方の場合はアレルギー症状を引き起こす方もいらっしゃいます。

ヘナを使わなくてもいいのであれば使わないほうがいいでしょう。

しかし体に悪いと言っても微々たるものです。髪を染めることにアルカリカラーなどを使用するぐらいなら はるかに体への負担を少ないと考えます。

 

ヘナは体に悪いのか?

体に悪いというのは語弊があるかもしれません。体にもともと備わっていないものは異物として捉えられます。

ヘナは化学成分を含まずに髪を染めることができることから安全性が高いと言われていますが、ヘナ自体は体にとって異物として捉えられてしまいます。

確率は低いと言われていますがヘナの成分に対して拒否反応を起こすとかぶれやアレルギーの発症などを引き起こす可能性があります。

特にヘナと併用して使われることが多いインディゴは蕎麦アレルギーやナッツアレルギーを引き起こす可能性があります。

そのため染める際には注意が必要です。

『ヘナ・インディゴにアレルギー?』長く使い続けるために必要なこと
『ヘナ・インディゴにアレルギー?』長く使い続けるために必要なこと 結論から言えば『ヘナやインディゴもアレルギーを発症するリスクはあります。』 ヘアカラー剤の中でも安全性が高く評価されている...

アルカリカラーとヘナはどちらが体に悪い?

ではアルカリカラーとヘナを比較するとどうでしょうか?結論から言えばアルカリカラーの方が大きく体に負担をかけてしまいます。

アルカリカラーの場合は頭皮の機能を低下させてしまいダメージを与えることがわかっています。

また染料に含まれるジアミンは強い毒性を持ちヘナよりも高い確率でアレルギーを引き起こします。

1回あたりにかかる負担としては微量なものではありますが、白髪染め世代のヘアカラーは頻繁に行う方が多くいらっしゃいます。

長期間使うことを考えるとアルカリカラーよりもヘナで染めることをおすすめします。

頭皮にダメージを与えない『ヘナ』で今から始めるエイジングケア
頭皮にダメージを与えない『ヘナ』で今から始めるエイジングケア このような方はヘナへの切り替えを強くおすすめします。 まず初めにお伝えしたいことは頭皮のダメージ予防は早く始めれば始めるほ...

ヘナは体に悪いとも言えるけど体にいい効果も与える

ヘナは異物として体には多少なりとも悪い影響を与える可能性があるということは事実です。

しかし次のようないい効果を与えるということも覚えておいて欲しいです。

  • 頭皮の汚れを落として清潔に保ってくれる
  • 髪の立ち上がりを出すことができる
  • 髪の毛が元気になる

これらはアルカリカラーをはじめとする他のヘアカラーではありません。

ヘナならではのメリットと言えます。

頭皮の汚れを落として清潔に保ってくれる

ヘナは『脂』を吸着する効果があります。

頭皮についたヘナは不要な皮脂よごれや毛穴のつまりを取り除いてくれる泥パックのような効果があります。

髪を染めながら頭皮ケアもできるのは嬉しいポイントです。

髪の立ち上がりを出すことができる

ヘナは染める際に髪のハリコシをアップさせる効果があります。

根元を染めた際にはボリュームアップ効果を実感することができます。

お客様
お客様
アルカリカラーの時は頭皮のボリュームダウンが気になっていました。

ヘナに切り替えてからは根元の立ち上がりが出てくれて嬉しいです。

髪の毛が元気になる

アルカリカラーで染めた場合は髪の毛にもダメージが発生してしまいます。

それがヘナの場合はダメージを与えずに染めることができます。またヘナの色素が髪の毛を補強してくれるので繰り返す毎に健康な髪に生まれ変わっていきます。

【ヘナは唯一のオーガニックトリートメント】2つの効果を解説します
【ヘナは唯一のオーガニックトリートメント】2つの効果を解説します一般的にトリートメントというとお風呂場で使用するものや美容院で使用するものを想像されると思います。 それらと同じようにヘナにも髪の...

『ヘナは体に悪い』という意見に対して私も『確かにその通り』と思うの真意

体にないものを取り入れるということはどんなものでも少なからずリスクはあると思っています。

ヘナも例外ではありません。一定数の方の中ではアレルギーなどの症状が引き起こることも考えられます。

それでもヘアカラーの中でもっとも体に優しいものであるという認識は変わりません。

ヘナを使用することでこの先長くヘアカラーを繰り返すことを考えても頭皮への負担を最小限に抑えて染めていくことができます。

いろいろな考え方があるとは思いますが体に負担をかけずに染めていくことを考えるのであればヘナも選択の中に入れて考えてみてください。